発達障害とは

発達障害者支援法に置いて、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠如多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」と定義されています。
幼少期から現れる発達のアンバランスさによって、脳内の情報処理や制御に偏りが生じ、日常生活に困難をきたしている状態のことです。特定のことには優れた能力を発揮する一方で、ある分野は極端に苦手といった特徴がみられます。こうした得意なことと苦手なこととの差、いわば凸凹は誰にでもあるものですが、発達障害がある人は、その差が非常に大きく生活に支障が出やすいのです。

広範性発達障害(PDD)とは

自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット障害、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害をふくむ総称です。

自閉症とは

自閉症は、次の3つの特徴をもつ障害で、3歳までには何らかの症状がみられます。
(1)対人関係の障害(2)コミュニケーションの障害(3)限定した常同的な興味、行動および活動
最近では、症状が軽くても自閉症と同質の障害のある場合、自閉症スペクトラムと呼ばれることがあります(スペクトラムとは「連続体」の意味)。

アスペルガー症候群とは

対人関係の障害があり、限定した常同的な興味、行動および活動をするという特徴は、自閉症と共通した障害です。アスペルガー症候群は、明らかな認知の発達、言語発達の遅れを伴いません。

学習障害(LD)とは

全般的な知的発達に遅れはないのに、読む、書く、計算するなどの特定の能力を学んだり、おこなったりすることに著しい困難がある状態をいいます。

注意欠如多動性障害(AD/HD)とは

注意持続の欠如もしくは、その子どもの年齢や発達レベルに見合わない多動性や衝動性、あるいはその両方が特徴です。この3つの症状は通常7歳以前にあらわれます。
(1) 多動性(おしゃべりが止まらなかったり、待つことが苦手でうろうろしてしまったりする)
(2) 注意力散漫(うっかりして同じ間違いを繰り返してしてしまうことがある)
(3) 衝動性(約束や決まり事を守れないことや、せっかちでいらいらしてしまうことがよくある)
一般的に多動や不注意といった様子が目立つのは学齢期ですが、思春期以降はこういった症状が目立たなくなるともいわれています。

Copyright© 柏・流山の訪問発達支援ホープ|発達障害のお子さんのための自宅訪問型サービス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.